自費出版ができる業者の選び方

自費出版ができる業者の選び方 自費出版をする際に全ての工程を自分一人でするのではなく、出版社や業者にサポートしてもらう方法がありますが、その業者の選び方のポイントはいくつかあります。

自費出版する際に一番問題となるのが費用負担の大きさです。
なるべく費用を安くする必要がありますが、サポートが最低限だとしっかりとした態勢で出版できませんからサポートと費用の両方を考えてくれる業者を選ばないといけません。

特にサポート体制は重視する必要があり、ただ依頼されて出版するのではなく著者の意見を聞いたり、思いに応えてくれたりと考え方を理解してくれると安心して依頼ができます。

最近では電子書籍として出版されることも一般的になりましたので最新の情勢にも詳しく、インターネットにも精通しており、電子書籍に対応してくれるところを選んだ方が良いでしょう。
紙媒体よりも費用が安く済み、在庫管理もありませんから電子書籍で出版したい方は、どのような媒体に対応しているかの確認が必要です。

自費出版をする業者の良し悪しは見積もりで判断

自費出版をする業者の良し悪しは見積もりで判断 自費出版と言うものをご存知でしょうか、出版社を通して自分の書いた小説などを出すことです。
自費出版を請け負っている会社はいくつか見受けられますが、大手はやっていません。
良い業者と悪い業者を見分ける一番簡単なコツは、見積もりです。
小説などの質にもよりますが、質の低い小説を書く人は見積もりで100万以上取られることもあり質の高い小説を書く人は無料か20万未満で済みます。
無料と言うのは、その出版社が月々設けている無料出版または企画出版の枠があり、その枠に入れると無料あるいは安価で出版できるものです。
でも、同じ人がある会社に送ったら見積もりが100万、違う会社に送ったら50万、また違う会社に送ったら20万など差もあるケースもあります。
酷い業者に当たると、100万を出して自費出版したにもかかわらず、校閲が全くなく、全く修正した形跡もなく、発売したケースもあり、もちろん、売れないし、大量の在庫を自宅で抱えるケースになります。
自費出版の出版社選びは慎重に行ってください。