自費出版でローンは組める?

自費出版でローンは組める? 自費出版を行う場合、出版業者によっても対応は違っていますが、出版の契約を締結する際に費用を全額、若しくは締結する時に半額、そして印刷を開始するまでに残りの半額を支払うと言う形を取っている所が多い状態です。出版に際してはある程度まとまった費用が必要となるので、人によってはその支払が大きな負担となる可能性も十分あります。

その場合のローンは、利用する業者でもその扱いが違っており、ローンの利用ができる場合も有ればできない場合もあります。またローンを利用すると言っても、その場合はその自費出版を依頼する出版業者に対しての支払いを分割するのではなく、金融機関からお金を借りる形となっています。その為、利用の際は通常の融資を受ける時と同じ様に審査を受け、それに通らなければいけません。もちろん自費出版で利益がもし出なかったとしても借りたお金は返済せねばならず、借り入れ期間が長くなればなるほど返済総額も増えます。

自費出版で利益を残す方法

自費出版で利益を残す方法 店頭で販売されている商業誌の殆どは、作家を始め筆者達が出版社を介して出しているものです。しかし、自費出版であれば誰でも気軽に本を作ることができます。それらの作品を販売して利益を得ることも不可能ではありません。

サークルや学校で作る文集やアルバムも自費出版の一つです。また、趣味で漫画や小説を載せる同人誌も同様です。自由に作成できるという利点はありますが、商業誌に比べて部数が少ないため一冊当たりの単価が高くなるので注意しましょう。

印刷方法を選べば、少ない部数でも利益を得ることができます。例えば、印刷屋の中には商業誌ではなく自費出版を専門に請け負っているところがあります。100冊以下なら印刷ではなくオンデマンド方式を選ぶのもオススメです。オンデマンドは商業用のレーザープリンターを利用する方法です。数冊程度から依頼することができるので、誰でも気軽に利用することができます。

一冊の単価をなるべく安くした後は、販売価格の設定です。イベントや書店で販売するなら、手数料が発生する場合があります。本の値段を決める際には、単価の他に手数料と利益を足す必要があります。