自費出版の流通の仕組みとは

自費出版の流通の仕組みとは 流通の仕組みには、著者とともに書籍や雑誌を作る出版社と出版社が作った本を書店に供給する取次店、そして取次店から仕入れた書籍を消費者に向けて販売する書店が関わっています。
この三者を経て消費者の手元に本が届く仕組みとなっているわけですが、自費出版した本を流通させる場合も取次店を介する必要があります。理由として、卸は卸の専門会社に任せるというのがスタンダードな考えとなっているからです。
取次店は本専門の卸業者で、出版物を書店に卸すことを生業としている企業です。日本には20社ほど存在し、出版の流通を担っています。
方法としてはまず、出版社が取次店と取引口座を開設する必要があります。そして書店への流通から売上代金の回収までを取次店に委託し、書店は出版物の定価売上の一定割合を取次店に支払うようになります。
基本的に銀行の開設は売れる見込みが低い自費出版の書籍の場合、契約をしてもらえない可能性が高いので、出版社に依頼して出版したほうがよいと言えます。

自費出版の書店流通とは

自費出版の書店流通とは 自費出版とは出版社が費用を負担するのではなく、執筆者自身が出版物の制作費用を自己負担することで書籍を出版する形態のことです。
自分史など自分の人生を書籍として残したいという思いを持つ方などの自費出版は支持されています。自費出版といえども書籍として形になれば、国会図書館や各地の図書館に書籍が確かに残りますので、興味関心を持つ人も少なくはありません。
また、自費による出版物であっても委託という形で書店流通することが少なくありません。書店流通をすれば、より多くの人の目に触れることになりますし、読者の数も爆発的に増加します。また、全国各地の書店で販売されますので、大ヒットする可能性もゼロではありません。そういった点に魅力を感じる人も少なくはありません。近年は自費出版を支援する出版社も多く登場してきており、出版しやすい状況になっています。新聞などでも広告が出されており、知名度も徐々に向上しているところです。